セプテンバーステークス 予想 2021 – データと指数を使った競馬予想

9月12日(日)に行われるセプテンバーステークスの予想を公開します。

セプテンバーステークスの予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。セプテンバーステークスの出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 デルマカトリーナ 70.4 9位 ショウナンバビアナ 43.3
2位 ナンヨーアミーコ 68.0 10位 レノーア 40.8
3位 コスモカルナック 67.3 11位 ペイシャドリーム 39.6
4位 ブレイブメジャー 64.6 12位 グッドマックス 35.8
5位 インスピレーション 62.5 13位 トロワマルス 35.3
6位 グッドジュエリー 62.1 14位 フォイアーロート 31.6
7位 シャワークライム 52.5 15位 フォッサマグナ 23.7
8位 トキメキ 47.9
1位 デルマカトリーナ 70.4
2位 ナンヨーアミーコ 68.0
3位 コスモカルナック 67.3
4位 ブレイブメジャー 64.6
5位 インスピレーション 62.5
6位 グッドジュエリー 62.1
7位 シャワークライム 52.5
8位 トキメキ 47.9
9位 ショウナンバビアナ 43.3
10位 レノーア 40.8
11位 ペイシャドリーム 39.6
12位 グッドマックス 35.8
13位 トロワマルス 35.3
14位 フォイアーロート 31.6
15位 フォッサマグナ 23.7

指数1位はデルマカトリーナです。

直近3戦の指数は前走から順に、しらかばステークスが84.6、朱雀ステークスが86.7、淀屋橋ステークスが39.9となっています。

準オープンクラスに上がってからは冴えない着順が続いていますが、着差自体はいずれも0.5秒差以内と大きくは負けていません。

道中の位置取りが鍵になりそうですが、いずれにしてもここは指数通りに上位争いを演じてほしいところです。

指数2位はナンヨーアミーコです。

直近3戦の指数は前走から順に、テレビユー福島賞が61.9、朱雀ステークスが82.7、船橋ステークスが59.3となっています。

毎度毎度ほぼ最後方を追走するのが特徴の馬で、それもあって毎度毎度上がり3ハロンは2位や3位でまとめてきます。が、最速をマークできないから結局惨敗することも多いわけなんですけどね・・・。

まぁ展開が向けば穴をあけてくれることでしょう。指数通りの激走に期待です。

上記の馬に続くのがコスモカルナック、ブレイブメジャー、インスピレーション、グッドジュエリーといった馬たちです。

そもそもこのレースは近走成績がヒドイ馬ばかりなわけですが、そんな中で前走の安達太良ステークスで3着(しかも上がり3ハロン最速)と好走しているグッドジュエリーは、やはり有力候補の一角と言えるでしょう。

中山芝1200mの特徴から見た推奨馬

続いて、中山競馬場の芝1200mの特徴から推奨馬を見ていきましょう。

中山競馬場の芝1200mと相性の良いレースコースは下表の通りです。


◎◎◎中山芝1200外と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
中京芝1200
で5着以内に入った馬の成績
14.2%25.9%33.5%212
3走前までに
東京芝1400
で5着以内に入った馬の成績
13.2%26.0%37.2%645

ということで中山競馬場の芝1200mは、中京競馬場の芝1200mと好相性なようです。そのため、前々走に朱雀ステークスで4着と好走しているデルマカトリーナはやはり期待できそうです。

その他だと東京競馬場の芝1400mとも相性が良さそうですので、3走前にそのコースで行われた2勝クラスのレースを勝っているシャワークライムや、前々走に多摩川ステークスで3着だったショウナンバビアナあたりは要注目でしょうか。

おわりに

セプテンバーステークスの予想をご覧いただきありがとうございました。

本ブログではデルマカトリーナを軸に、ナンヨーアミーコ、コスモカルナック、ブレイブメジャー、インスピレーション、グッドジュエリーを相手にした三連複流しを買い目とします。

以上です。よろしければ京成杯オータムハンデの予想紫苑ステークスの予想も併せてご覧ください。


スポンサーリンク