スレイプニルステークス2021の予想 – 指数を使った競馬予想

今週の土曜日に行われるスレイプニルステークスの予想を公開します。

スレイプニルステークスの予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。スレイプニルステークスの出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 バンクオブクラウズ 71.4 9位 コマビショウ 55.4
2位 ロードレガリス 67.2 10位 メイショウワザシ 53.3
3位 ネオブレイブ 66.1 11位 ウェルカムゴールド 53.2
4位 グレートタイム 65.9 12位 サトノティターン 49.5
5位 メイショウエイコウ 64.6 13位 タイサイ 46.9
6位 シャンパンクーペ 62.9 14位 バスカヴィル 45.8
7位 ヒロイックテイル 60.4 15位 アポロテネシー 31.3
8位 ハヤヤッコ 59.7 16位 サトノディード 23.5
1位 バンクオブクラウズ 71.4
2位 ロードレガリス 67.2
3位 ネオブレイブ 66.1
4位 グレートタイム 65.9
5位 メイショウエイコウ 64.6
6位 シャンパンクーペ 62.9
7位 ヒロイックテイル 60.4
8位 ハヤヤッコ 59.7
9位 コマビショウ 55.4
10位 メイショウワザシ 53.3
11位 ウェルカムゴールド 53.2
12位 サトノティターン 49.5
13位 タイサイ 46.9
14位 バスカヴィル 45.8
15位 アポロテネシー 31.3
16位 サトノディード 23.5

指数1位はバンクオブクラウズです。

直近3戦の指数は前走から順に、ブリリアントステークスが82.5、金蹄ステークスが74.0、仲冬ステークスが57.7となっています。

これまで東京競馬場のダート2100mでは3戦2勝・2着1回という成績を残しており、非常に得意としています。

逆に他のレースコースだとイマイチなのも事実なので、ここ以外買い時が無いという見方もできます。

いずれにしても、順当に行けば今回も上位争いは必至でしょう。

指数2位はロードレガリスです。

直近3戦の指数は前走から順に、仁川ステークスが67.5、アルデバランステークスが58.5、ベテルギウスステークスが75.7となっています。

東京競馬場のダート2100mは初出走となりますし、前目のポジションの馬が有利なコースでもありますので、その点は気になるところ。

とは言え、本馬はどのレースでも必ず上がり3ハロン1位か2位の末脚を繰り出し、確実に最後伸びてきます。

今回も自慢の末脚を駆使して、上位争いを演じてほしいところ。

上記の馬に続くのがネオブレイブ、グレートタイム、メイショウエイコウ、シャンパンクーペといった馬たちです。

特に、近走は馬券内まであと一歩のレースが続いているグレートタイムですが、東京競馬場のダート2100mでは5戦1勝・2着2回・4着2回と好成績を残していますので、今回こそ3着以内に来てくれることを期待します。

東京競馬場・ダート2100mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

続いて、東京競馬場のダート2100mの特徴から推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

東京競馬場のダート2100mは、阪神競馬場のダート2000mと好相性になりますので、前走に仁川ステークスで上位だったロードレガリスタイサイには期待したいところ。

一方で、新潟競馬場のダート1800mとは相性が今一つになりますので、前走にそのコースで行われた吾妻小富士ステークスで2着だったメイショウワザシにはマイナスの情報になるでしょうか。

なお、馬番別実績だと1番枠、2番枠、13番枠、14番枠、16番枠の成績が悪い(特に16番枠はかなり悪い)ので、これらの枠に入った馬は割引が必要そうです。

おわりに

スレイプニルステークスの予想をご覧いただきありがとうございました。

本ブログではバンクオブクラウズを軸に、ロードレガリス、ネオブレイブ、グレートタイム、メイショウエイコウ、シャンパンクーペを相手にした三連複流しを買い目とします。

以上です。他のレースの予想は今週の競馬予想をご参照ください。


スポンサーリンク