スプリングステークス2021の予想

今週の日曜日に行われるスプリングステークスの予想を公開します。

スプリングステークスの予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。スプリングステークスの出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 5 レインフロムヘヴン 58.3 9位 6 アサマノイタズラ 51.8
2位 11 イルーシヴパンサー 55.6 10位 12 ビゾンテノブファロ 50.9
3位 10 ボーデン 54.4 11位 14 ヴィクティファルス 50.5
4位 3 ヴィゴーレ 54.2 12位 15 セルジュ 49.8
5位 1 ランドオブリバティ 53.1 13位 2 ワールドリバイバル 39.3
6位 13 アールバロン 52.9 14位 8 オンザライン 31.3
7位 9 ロードトゥフェイム 52.2 15位 7 ニシノオイカゼ 24.5
8位 4 ヴェイルネビュラ 50.9
1位 5 レインフロムヘヴン 61.5
2位 11 イルーシヴパンサー 58.4
3位 10 ボーデン 57.0
4位 3 ヴィゴーレ 56.8
5位 1 ランドオブリバティ 55.5
6位 13 アールバロン 55.3
7位 9 ロードトゥフェイム 54.5
8位 4 ヴェイルネビュラ 53.0
9位 6 アサマノイタズラ 51.8
10位 12 ビゾンテノブファロ 50.9
11位 14 ヴィクティファルス 50.5
12位 15 セルジュ 49.8
13位 2 ワールドリバイバル 39.3
14位 8 オンザライン 31.3
15位 7 ニシノオイカゼ 24.5

指数1位はレインフロムヘヴンです。直近3戦の指数は前走から順に、66.2、47.6、61.1となっており、特に前走のフリージア賞が好評価。後続を離して逃げすぎた東京スポーツ杯は直線で余力が無く惨敗でしたが、中山に舞台が移る今回は、前走のようなしぶとさが見せられれば勝機は十分ありそうです。

指数2位はイルーシヴパンサーです。直近3戦の指数は前走から順に、65.3、45.7、55.8ということで、こちらも前走のフリージア賞で高い指数を残しています。1勝クラスは惜敗が続いていますが、逆に言うと安定した走りを見せていると思いますので、ここでも期待したいところです。

上記の馬に続くのがボーデン、ヴィゴーレ、ランドオブリバティといった馬たちです。特にランドオブリバティは経緯的に前走は恐る恐る走っている感じでしたが、今回はあらためて実力を発揮してほしいところ。そうすれば勝ち負けは必至でしょう。

ということで、本ブログではレインフロムヘヴンを軸に、イルーシヴパンサー、ボーデン、ヴィゴーレ、ランドオブリバティを相手にした馬連流しを買い目とします。


スポンサーリンク


スプリングステークス・過去5年の成績

次に、スプリングステークスの過去5年の成績を見ていきましょう。

2020年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 07 ガロアクリーク 6人気 49.8 (5位) 2,910円 9,820円 3,050円 37,220円
2着 03 ヴェルトライゼンデ 1人気 60.3 (3位)
3着 09 サクセッション 2人気 48.1 (7位)
2019年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 09 エメラルファイト 10人気 63.8 (2位) 10,290円 23,610円 32,400円 235,870円
2着 01 ファンタジスト 1人気 45.0 (11位)
3着 10 ディキシーナイト 7人気 61.2 (3位)
2018年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 08 ステルヴィオ 1人気 59.0 (2位) 680円 1,120円 2,230円 7,440円
2着 05 エポカドーロ 3人気 61.9 (1位)
3着 12 マイネルファンロン 6人気 58.4 (4位)
2017年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 10 ウインブライト 5人気 54.0 (4位) 1,350円 3,330円 6,670円 34,730円
2着 08 アウトライアーズ 2人気 61.8 (1位)
3着 07 プラチナヴォイス 6人気 50.7 (7位)
2016年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 01 マウントロブソン 4人気 60.7 (2位) 3,390円 7,610円 1,690円 19,380円
2着 04 マイネルハニー 5人気 68.1 (1位)
3着 10 ロードクエスト 1人気 52.7 (5位)
2020年 指数
1着 07 ガロアクリーク 6人気 49.8
(5位)
2着 03 ヴェルトライゼンデ 1人気 60.3
(3位)
3着 09 サクセッション 2人気 48.1
(7位)
馬連:2,910円  馬単:9,820円
三連複: 3,050円  三連単: 37,220円
2019年 指数
1着 09 エメラルファイト 10人気 63.8
(2位)
2着 01 ファンタジスト 1人気 45.0
(11位)
3着 10 ディキシーナイト 7人気 61.2
(3位)
馬連:10,290円  馬単:23,610円
三連複: 32,400円  三連単: 235,870円
2018年 指数
1着 08 ステルヴィオ 1人気 59.0
(2位)
2着 05 エポカドーロ 3人気 61.9
(1位)
3着 12 マイネルファンロン 6人気 58.4
(4位)
馬連:680円  馬単:1,120円
三連複: 2,230円  三連単: 7,440円
2017年 指数
1着 10 ウインブライト 5人気 54.0
(4位)
2着 08 アウトライアーズ 2人気 61.8
(1位)
3着 07 プラチナヴォイス 6人気 50.7
(7位)
馬連:1,350円  馬単:3,330円
三連複: 6,670円  三連単: 34,730円
2016年 指数
1着 01 マウントロブソン 4人気 60.7
(2位)
2着 04 マイネルハニー 5人気 68.1
(1位)
3着 10 ロードクエスト 1人気 52.7
(5位)
馬連:3,390円  馬単:7,610円
三連複: 1,690円  三連単: 19,380円

馬券内という意味では1番人気の信頼度が高いレースと言えます。一方で勝ったのは1回だけなので、伏兵が勝利をさらっていくパターンが多いようですね。なお、過去5年はステルヴィオを除くといずれも前走が1勝クラスだった馬が勝っていますので、重賞実績にこだわる必要は無さそうです。

指数的には1位か2位の馬がわりと頑張っていますね。レインフロムヘヴンやイルーシヴパンサーにはあらためて期待したいところです。

中山競馬場・芝1800mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

最後に、中山競馬場の芝1800mの特徴から推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

馬番別実績で好成績を挙げているのは3番枠や10番枠になります。今回これらの枠を引いたのはヴィゴーレボーデンになります。特に前走の勝ちっぷりから上位人気が予想されるボーデンですが、良い枠を引いたと言えますね。

逆に、成績が悪いのは14番枠となります。今回この引いたのはヴィクティファルス。前走は共同通信杯で2着という実力馬ですが、この枠順がどう影響するか・・・。もしかしたら多少割引が必要かもしれません。

また、中山競馬場の芝1800mと好相性なコースの一つとして、東京競馬場の芝2000mが挙げられます。ということで、前走に東京芝2000mのフリージア賞でワンツーを決めている我が本命・対抗のレインフロムヘヴンイルーシヴパンサーは共に期待が持てそうです。

加えて、中山競馬場の芝1800mは残り600m地点で先頭ないしそこから半馬身未満の位置にいる馬の成績が圧倒的に良いため、その意味でもレインフロムヘヴンには非常に期待しています。

おわりに

スプリングステークスの予想をご覧いただきありがとうございました。

中央競馬の重賞競走の詳しいデータを知りたい場合はこちらの本がオススメです。

中央競馬の全ての重賞について過去10年分のデータを基に、人気と配当の傾向、有力なステップレース、買える馬・買えない馬の特徴・・・等々がまとめられています。

とても参考になる(特に買えない馬のデータは参考になります)だけでなく、読み物としても面白い内容となっていますので、是非読んでみてください。


以上です。他の重賞予想は今週の競馬予想(重賞)をご参照ください。


スポンサーリンク