ジューンステークス2021の予想 – 指数を使った競馬予想

今週の土曜日に行われるジューンステークスの予想を公開します。

ジューンステークスの予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。ジューンステークスの出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 6 キタサンバルカン 58.2 7位 10 マイネルミュトス 50.2
2位 11 シルヴァーソニック 56.1 8位 4 レティキュール 39.8
3位 5 ネプチュナイト 55.2 9位 1 コトブキテティス 38.4
4位 7 メロディーレーン 55.2 10位 3 ヒーリングマインド 33.1
5位 9 ワンダーコノシュア 53.0 11位 2 エクセレントミスズ 24.6
6位 8 アンティシペイト 52.3
1位 6 キタサンバルカン 58.2
2位 11 シルヴァーソニック 56.1
3位 5 ネプチュナイト 55.2
4位 7 メロディーレーン 55.2
5位 9 ワンダーコノシュア 53.0
6位 8 アンティシペイト 52.3
7位 10 マイネルミュトス 50.2
8位 4 レティキュール 39.8
9位 1 コトブキテティス 38.4
10位 3 ヒーリングマインド 33.1
11位 2 エクセレントミスズ 24.6

指数1位はキタサンバルカンです。

直近4戦の指数は前走から順に、緑風ステークスが46.5、松籟ステークスが65.5、早春ステークスが69.8、グレイトフルステークスが51.0となっています。

近走の成績は冴えませんが、東京競馬場は10戦して9回掲示板(3勝・2着2回・3着1回・4着2回・5着1回)に来ている得意とする舞台になります。

冴えない着順の中でも前々走は上がり3ハロン最速の脚を繰り出していたりと、随所で力は見せているので、巻き返しに期待です。

指数2位はシルヴァーソニックです。

直近4戦の指数は前走から順に、緑風ステークスが60.3、松籟ステークスが70.6、美濃ステークスが48.6、ジューンステークスが45.1となっています。

緑風ステークスに出走した馬が多い今回のレースですが、その中でも再先着(3着)を果たしており、しかも上がり3ハロンは最速でしたから、順当に行けば今回も上位争いは必至でしょう。

2400m戦は5戦1勝・3着2回と相性が良いのも好材料です。

上記の馬に続くのがネプチュナイト、メロディーレーン、ワンダーコノシュアといった馬たちです。

特にメロディーレーンは2400m戦で5戦1勝・3着2回という(同父のシルヴァーソニックと同じ)好成績を残しているので、今回も期待できそうです。

東京競馬場・芝2400mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

続いて、東京競馬場の芝2400mの特徴から推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

東京競馬場の芝2400mは、中山競馬場の芝2200mと好相性になりますので、そのコースで行われた湾岸ステークスで上位だったアンティシペイトネプチュナイトは期待できそうです。

逆に、新潟競馬場の芝2400mとはあまり相性が良くありませんので、前々走に奥の細道特別で勝ち上がっているワンダーコノシュアにとってはマイナスのデータになるでしょうか。

おわりに

ジューンステークスの予想をご覧いただきありがとうございました。

本ブログではキタサンバルカンを軸に、シルヴァーソニック、ネプチュナイト、メロディーレーン、ワンダーコノシュアを相手にした三連複流しを買い目とします。追加で検討するとすれば、アンティシペイトになるでしょうか。

以上です。他のレースの予想は今週の競馬予想をご参照ください。


スポンサーリンク