エプソムカップ2021の予想 – 指数を使った競馬予想

今週の日曜日に行われるエプソムカップの予想を公開します。

エプソムカップの予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。エプソムカップの出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 16 シュリ 61.7 10位 10 ワンダープチュック 43.5
2位 3 ヴェロックス 57.7 11位 11 ニシノデイジー 38.4
3位 17 アドマイヤビルゴ 55.2 12位 12 ミラアイトーン 37.9
4位 6 ヒュミドール 54.1 13位 1 プレシャスブルー 36.0
5位 13 サトノフラッグ 52.9 14位 7 ファルコニア 35.3
6位 15 ザダル 51.6 15位 5 エアアルマス 34.0
7位 9 ヤシャマル 50.9 16位 18 アトミックフォース 33.2
8位 14 ガロアクリーク 49.4 17位 4 セダブリランテス 28.7
9位 8 アルジャンナ 48.6 18位 2 マイラプソディ 16.2
1位 16 シュリ 61.7
2位 3 ヴェロックス 57.7
3位 17 アドマイヤビルゴ 55.2
4位 6 ヒュミドール 54.1
5位 13 サトノフラッグ 52.9
6位 15 ザダル 51.6
7位 9 ヤシャマル 50.9
8位 14 ガロアクリーク 49.4
9位 8 アルジャンナ 48.6
10位 10 ワンダープチュック 43.5
11位 11 ニシノデイジー 38.4
12位 12 ミラアイトーン 37.9
13位 1 プレシャスブルー 36.0
14位 7 ファルコニア 35.3
15位 5 エアアルマス 34.0
16位 18 アトミックフォース 33.2
17位 4 セダブリランテス 28.7
18位 2 マイラプソディ 16.2

指数1位はシュリです。

直近4戦の指数は前走から順に、谷川岳ステークスが67.6、京都金杯が65.4、リゲルステークスが44.7、納屋橋ステークスが69.0となっています。

デビュー以来全てのレースで1番人気になっている本馬が今回も1番人気になるかはかなり微妙なところですが、それはさておき、それだけの支持を毎回集めるのは実力があってこそ。

既にオープン特別では2勝を挙げており、GIIIのここを勝っても全くおかしくはないでしょう。

特に前走の谷川岳ステークスでは逃げて上がり3ハロン2位をマークするという強さを見せつけて快勝しましたので、指数通り、今回も上位争いを期待です。

指数2位はヴェロックスです。

直近2戦の指数は前走から順に、日経新春杯が48.7、中日新聞杯が66.6となっています。

世代レベルが疑問視されていた現5歳馬の世代ですが、今年に入ってワールドプレミアが天皇賞(春)を勝ったり、ダノンキングリーが安田記念を勝ったりと、評価が見直されてきています。(4歳世代のレベルが・・・という説もありますが・・・。)

そんな中、クラシック戦線で常に上位だったヴェロックスだって、まだまだこんなものではないと思われます。

古馬になってからは冴えない走りが続いていますが、あらためて巻き返しに期待です。

上記の馬に続くのがアドマイヤビルゴ、ヒュミドール、サトノフラッグといった馬たちです。

特にヒュミドールはここ最近長距離レースを使われることが多かった一方で、3勝クラスを勝ち上がったのは今回と同じ東京競馬場の芝1800m戦(ノベンバーステークス)でしたので、この舞台なら案外狙えるような気がします。

東京競馬場・芝1800mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

最後に、東京競馬場の芝1800mの特徴から推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

東京競馬場の芝1800mは、同じ東京競馬場の芝2000mと好相性になります。そのコースのレースを現在連勝中のヤシャマルにはやはり期待してしまいます。

また、阪神競馬場の芝1600mとも好相性になりますので、前走にマイラーズカップで2着だったアルジャンナはやはり有力馬の一角でしょうか。

一方で、新潟競馬場の芝2000m(外回り)とは相性があまり良くありませんので、プレシャスブルーの前走(福島民報杯・2着)はあまり加点要素にならなさそうです。

ちなみに、馬番別実績だと16番枠以降の外枠はかなり成績が落ちますので、シュリアドマイヤビルゴはピンチですね・・・。

おわりに

エプソムカップの予想をご覧いただきありがとうございました。

けっこうメンバーが揃った印象ですが、本ブログではシュリを軸に、ヴェロックス、アドマイヤビルゴ、ヒュミドール、サトノフラッグを相手にした三連複流しを買い目とします。

以上です。他の重賞予想は今週の競馬予想(重賞)をご参照ください。


スポンサーリンク