エニフステークス 予想 2021 – データと指数を使った競馬予想

9月11日(土)に行われるエニフステークスの予想を公開します。

エニフステークスの予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。エニフステークスの出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 オーロラテソーロ 65.1 9位 ロイヤルパールス 33.1
2位 サダムスキャット 63.9 10位 サトノラファール 32.6
3位 アイオライト 63.2 11位 ジャスパープリンス 29.4
4位 メイショウテンスイ 52.4 12位 ロジクライ 28.3
5位 ドウドウキリシマ 52.3 13位 メイショウベンガル 25.9
6位 スマートダンディー 43.4 14位 デターミネーション 12.8
7位 メイショウウズマサ 43.0 15位 コンパウンダー
8位 メイショウオーパス 41.6 16位 ボンセルヴィーソ
1位 オーロラテソーロ 65.1
2位 サダムスキャット 63.9
3位 アイオライト 63.2
4位 メイショウテンスイ 52.4
5位 ドウドウキリシマ 52.3
6位 スマートダンディー 43.4
7位 メイショウウズマサ 43.0
8位 メイショウオーパス 41.6
9位 ロイヤルパールス 33.1
10位 サトノラファール 32.6
11位 ジャスパープリンス 29.4
12位 ロジクライ 28.3
13位 メイショウベンガル 25.9
14位 デターミネーション 12.8
15位 コンパウンダー
16位 ボンセルヴィーソ

指数1位はオーロラテソーロです。

直近3戦の指数は前走から順に、NST賞が51.0、花のみちステークスが70.8、BSイレブン賞が73.6となっています。

前走は昇級初戦ながら0.4秒差の4着と善戦し、オープンクラスでもやれる実力があることを示しました。

一度叩いた上積みもあるでしょうから、指数通りの好走でなんとか馬券内に食い込んできてほしいところです。

指数2位はサダムスキャットです。

直近3戦の指数は前走から順に、八海山ステークスが71.4、鳴門ステークスが31.7、播磨ステークスが88.7となっています。

デビュー以来、3着を外したのは一度だけという安定感が売りの馬になります。

昇級初戦になりますので今回が試金石とも言えますが、今回のメンバー構成なら十分勝負になると見ます。

上記の馬に続くのがアイオライト、メイショウテンスイ、ドウドウキリシマ、スマートダンディーといった馬たちです。

指数以外になかなか推し材料を探すのが難しいメンバーですが、その分配当妙味もありそうなので、頑張ってほしいところです。

中京ダート1400mの特徴から見た推奨馬

続いて、中京競馬場のダート1400mの特徴から推奨馬を見ていきましょう。

中京競馬場のダート1400mと相性の良いレースコースは下表の通りです。


◎◎◎中京ダ1400と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
阪神ダ1400
で5着以内に入った馬の成績
12.4%24.7%33.9%813

ということで、中京競馬場のダート1400mは、阪神競馬場のダート1400mと好相性なようです。

したがって、前走の天保山ステークスや3走前のコーラルステークスで5着だったメイショウテンスイには期待したいところです。

あるいは、今年に入ってから惨敗が続いているものの、昨年末のギャラクシーステークスで2着だったスマートダンディーは、もしかしたら思わぬ激走があるかもしれません。

一方で、下記の通り中山競馬場のダート1200mとは相性が今一つのようです。

×××中京ダ1400と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
中山ダ1200
で5着以内に入った馬の成績
4.6%14.9%19.0%195

そのため、ジャスパープリンスは前々走に京葉ステークスで3着と好走していますが、これはあまりプラス材料にはならなさそうです。前走は惨敗していますし、今回は見送りが妥当かも?

おわりに

エニフステークスの予想をご覧いただきありがとうございました。

本ブログではオーロラテソーロを軸に、サダムスキャット、アイオライト、メイショウテンスイ、ドウドウキリシマ、スマートダンディーを相手にした三連複流しを買い目とします。

以上です。よろしければセントウルステークスの予想今週の他のJRA重賞の予想も併せてご覧ください。


スポンサーリンク