はじめに

このブログは、都内の某企業で社内SEとして働く傍ら、統計情報を使って競馬に勝つための研究を長年続けている管理人が、独自の指数を使った予想や、役に立ちそうな統計情報を公開していくという、自己満の自己満による自己満のためのものです。(ただし、中央競馬のみが対象です。地方競馬は全然当たらん・・・。

年明けと同時にスタートすることを考えていたものの、諸事情(ていうか新居への引越し)があって、ちょっと中途半端な時期からのスタートになるという圧倒的な幸先の悪さですが、まぁ第一回の東京開催には間に合いましたので、良しとしたいと思います。

予想は今週末から始めたいと思いますが、今日はそもそも先に述べた「独自の指数」がどのようなものなのかを、ちょっとご説明したいと思います。と言っても、詳細は中々お伝えするのが難しいので、ここでは概要だけ述べます。

端的に、独自の指数は以下の表に挙げた要素を基に算出しています。
なお、計算にあたっては、各要素をこれまた独自の方式で数値に変換した後、各々に重みづけをして合計値を算出しています。

着差 その馬が過去に出走したレースにおいて記録した着差。
レースレベル その馬が過去に出走したレースのレベル。レースレベルは独自の計算式によって算出。(計算結果と「そのレースの上位馬が次走に好走する確率」が比例するような計算式を、過去15年分のレース情報から導出して使用。)
レースクラス その馬が過去に出走したレースのクラス。
斤量 今回のレースにおける、その馬の斤量。
枠順 今回のレースコースにおける、その馬の枠順の有利・不利。
距離 その馬が過去に出走したレースの距離と、今回のレースの距離の相性。
競馬場 その馬が過去に出走したレースの競馬場と、今回のレースの競馬場の相性。
位置取り その馬の過去に出走したレースでの位置取りを基に導出した、今回のレースコースにおける有利・不利。
上がり3F その馬の過去に出走したレースでの上がり3F(絶対値ではなくレース内での相対的な速さ)を基に導出した、今回のレースコースにおける有利・不利。
レース数 その馬が過去1年間に出走したレース数。
レース間隔 その馬が過去に出走したレースと今回のレースの間隔。

これを見た多くの方は、「あれ、タイムは?」「ジョッキーは考慮しないの?」「ていうか勝ちたいならオッズを考慮しないとかありえないでしょ」と思ったことでしょう。(うん、ボクもそう思うよ。特にオッズは考慮すべきだよね。)
でも、これで勝てる・・・年もあります。いや、歯切れが悪くて申し訳ないのですが、実際に、ボクはこの予想法で年間プラス収支を何度も達成しています。(まぁ逆に言うとマイナス収支の年もあるわけですが・・・。ちなみに去年はマイナスでした。それはコロナで無観客競馬になったことが影響したから・・・ということにしておきます。はよコロナ収まってくれ、マジで。

いずれにしても、「ボクの予想の通りに買えば確実に勝てます」なんてことを言うつもりは毛頭ありません。
ただボクの自己満足目的で、自由気ままに予想やその結果を公開していきたいと思いますし、予想のオマケで公開する統計情報が、このブログをご覧になっている方に何かしら役に立てば、心から嬉しく思います。

では週末にお会いしましょう♪

今日は以上です。
にほんブログ村 競馬ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です